炊事、洗濯で節約するために必要な知恵

bailbondseasy_水道水道代を節約しようとした場合に、家庭での水まわりとして思い浮かぶものに、炊事や洗濯があります。では、日常の炊事や洗濯を行なう中で、節水をしようと考えた場合にどのような方法が考えられるでしょうか。

節約の前に、このような家事を積極的に行うことは、主婦にとって非常に良い運動となり、無駄な贅肉を落としてくれることでしょう。

それでは、炊事から考えて見ましょう。日常での炊事に使用する水といえば、キッチン周りで使用するものですから、食べ物の煮炊きや、食後の食器洗浄になります。食べ物の煮炊きで水を減らすというのは、なかなか難しい部分ですので、ここはおいしく料理してもらうとして、その後の食器の洗浄を主に考えていきたいと思います。

手洗いの場合、いかに汚れを簡単に落とすかがポイントになります。一つは、食後のお皿についた汚れが乾かないうちに洗ってしまうという方法があります。次に、すぐに洗わないのであれば、桶に溜めた水に食器をつけておく、いわゆるつけ置き洗いという方法になります。いずれも汚れをさっと落とすという事で、使用する水道水の量を減らすことが出来ます。また、汚れをつけないという考え方をするのであれば、汚れた食器を重ねない。新聞紙等で汚れを粗取りするという方法もあります。

そのような百戦錬磨の主婦たちは、どんなポイントで自分の通う美容室を選んでいるのでしょう。

もっと根本的に水道代を減らそうという事であれば、食器洗浄機を導入する事で、大幅に水道代を節約する事が可能です。もっとも、食器洗浄機を導入したからといって、食器を少しずつ一日に何度も洗っていたのでは節約にならないので、一定量がたまったら食器洗浄機にまとめて入れて洗うということは必要になります。それ以外にも意識せずに水道代を減らす方法として、流しの下についているバルブを少し閉めるという方法があります。常時、水道から出てくる水量を抑えることができるので、同じ時間、水を出していても閉めた分だけ節約につなげる事ができます。

仮にムーンウォークで有名なマイケル・ジャクソンくらいお金を稼いでいるなら、節約なんて必要ないかもしれませんが、私達にとっては、このような細かいことの積み重ねが、家計を助けることを知っておきましょう。

次に、洗濯の場合を考えて見ます。洗濯で水道代を節約するという場合に、一般的に言われている方法として、お風呂の残り湯を洗濯に使うという方法があります。最近の洗濯機は、以前に比べて残り湯を綺麗に使えるようになっていますので、匂いなどが気になるという方でも、洗いだけや、すすぎだけという限定した使い方が出来ますので、より使いやすくなっています。また、単純に洗濯物の量が少ないという方であれば、毎日洗濯せず、2日に1回や、3日に1回、洗濯物がたまったら洗うという方法も有効な節水の方法になります。

いずれの場合も、共通して言えるのが、水を有効的に再利用するという事が、キーになるのではない...